56 先生どうもありがとう。


西表島に病院はない。

あるのは診療所。
東部と西部にひとつずつ。

歯医者は一件あるけれど、
それ以外は、誰もがみーんな診療所のお世話になる。
内科も外科も、小児科も。
大きな病気も、小さなケガも。
みんなみーんな診療所。

その診療所の先生が、2年間の任期を終えて、
今日この島を去っていった。

診療所を訪れた人、訪れない人、それこそみんなに愛された、
ホントに素晴らしーい先生だった。

やさしくって、的確、迅速。
親しみやすいのに、先生としての一線は画する。
学ぶことを忘れぬ姿勢。

それだけじゃなく、地域のことにも協力的で。
三味線、エイサー、青年会。
老若男女、全ての人に愛されていた。

だから今日の見送りも盛大!

おそらく初めてじゃなかろうか。
朝の8時に部落放送。
「先生が今日、島を去られます。
見送りに行く方は、11時15分までに港にお集りください」

わたしも食堂を抜け出し、駆け付けた。

港には、子供からおじいおばあまで、総勢100人あまり。
今まで何人もこの島から送り出して来たけれど、
おばあがこんなに集まったのは初めて見た。

公民館長のあいさつに始まり、
幼稚園児の「先生、どうもありがとう!」
そして、祭りのときしか見られないはずの「獅子舞」までもが
登場!
笛に合わせて、おばあも踊る。

見送りに来たひとりひとりと、先生が握手。

泣かないつもりだったけど。
握手をしたら泣いちゃったー。

大切な人が倒れたとき、
からだの調子が悪いとき、
いつもそこには先生がいて。

年が近いこともあって、
先生であり、友達だった。
心強い存在だった。

船が遅れて、最後までは見送れなかったけれど。
(食堂なので、昼どきまでには戻らなくてはならなくて)

もう、この島にいないんだなあ。
先生、どうもありがとう。

56

まいこせんせい ありがとうございました。


カテゴリー: 2003年5月, 西表日記2003   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">