4回目 西表に行く船の送迎


石垣から西表島に向かう、船の航路は2つ。
大原行きと、上原行き。
大原が東部で、上原が西部。

イメージだけで言うなら、
大原が田舎で、上原が都会(笑)
大原がサトウキビで、上原がパイナップル。
大原がモズクで、上原がダイビング。

(すごく勝手なイメージで、この限りではないけれど。
 たとえば東部にもパイン畑はありますが。
 あながちこのイメージは間違いでもないはず)

わたしが4年間暮らしたのは、東部。
大原行きの船に乗る。

船の会社も2つある。
八重山観光フェリーと、安栄観光。

これは、どちらがいいというのでなく、
何となくみんな、乗り慣れている会社の方に乗る。

わたしは八重山観光フェリーに乗り慣れているので、
6年ぶりの今回も、八重山観光フェリーに乗る。

西表に住んでいた頃に働いていた食堂は、
八重山観光フェリーの送迎バスも受け持っていたので、
わたしまでそのバス(というかワゴン車)を運転したことがあり、慣れ親しんでいる。

ここで回想・・・


11年前、初めて西表島に行ったときの話。

東京から就職&入寮を決め、電話の問合せだけで、島に向かったわたし。
就職先からもらった指示は
「石垣島から安栄観光の船に乗って、大原で降りたら、Aさんがいるから送ってもらって」
というものでした。

何もわからないわたしは、その言葉の通りにやるしかなく。
安栄観光の船に乗りました。
でも、降りても、Aさんはいなかった・・・
しかも、一緒に船に乗り合わせた人々は、
それぞれさーーーっと散ってしまい、港に残されたのはわたしだけ。
当時の大原港は、今のように整っていない、ただの桟橋。
近くにバスもタクシーも見えないし、わたしいったいどうしたらいいの?
ぽつーん。

そこに1台の車が登場。
「安栄観光」と書いてあるワゴン車でした。
もしやこの車?と思ったけれど、
わたしの中の認識では「Aさん」は就職先の人で、
安栄観光の人ではありませんでした。
送迎というのは、行く先の人がするもので、
乗った船の会社がやるなんてないと思っていた。

しかもその人、ちょっとキョロキョロっとしたら、
また行ってしまいそう。

やっぱり違うかな。
でもそうかも知れない。
これで置いて行かれたら、本当にどうしたらいいかわからない!!
待ってーーー!

ということで、何とかAさんと出会えたわたし。
そう、就職先の人が教えてくれたのは、
「安栄観光の送迎バス(ワゴン)がいるから、
それに乗せてもらっていらっしゃい」
という意味だったのでした。
その日はたまたま、Aさんの到着が、船よりちょっと遅れちゃったんですね。

それにしても、Aさんて名前の情報より、会社の名前が大事ですから!!
と、もうこの辺りから「てーげー」(いいかげん)な匂いがぷんぷんしますね。
さすが西表島です。

しかもなぜ、八重山観光フェリーではなく、安栄観光だったのか。
今ならぼんやりわかります。

当時、八重山観光フェリーの送迎を担当していたのは、
わたしの働いていた食堂。(たぶん)
就職先までは、港から結構遠いのです。
車で30分くらい。

八重山観光フェリーの送迎バス(ワゴン)の運転手は、
食堂の家族の中で、主にじいちゃんの役目でした。
ときどき、じいちゃんが「しんどい。○○、代われ!」と言うと、
そのときどきで、空いている家族が行ったりするときもあったけれど。

で、じいちゃん的には、30分も遠くまで運転するなんて無理なのです。
きつい。誰か代われって話になる。

一方、安永観光のAさんは若い。
と言っても、わたしより少し上の世代ですが(笑)

まあ、遠くまでの送迎でも頼みやすいですよね。

というような事情を、
東京から初めてくる子に説明しようっていうのが、土台無理な話です。
「じいちゃんきついから、安栄にして」って・・・まあ言ってくれてもよかったんだけどね。
理解は難しかったろうな。

(もしかすると、11年前は食堂じゃなくて、別の人が請け負っていたかも知れないけれど、
それはそれで、大人の事情がありそうなのが、今ならわかる)


回想おわり。

そんなこんなで、
今回は、友人が港まで迎えに来てくれるということで。
船会社の送迎いらず。
安心して、大好きな八重山観光フェリーに乗りましたとさ。

西表の東部に、石垣からの港はひとつ。
でも、港から、車なしで行けるところは少ない。
完全な車社会・西表島。
なので、バスやレンタカーの準備なしでは、
なかなか港と、最寄りの大原集落から離れられません。

4

カテゴリー: 2011年3月, まみぞう日記2011   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">