3回目 子連れで石垣島・とりあえずそば! 


石垣島のバスターミナルに降りた2人。
6年ぶりの八重山に浮かれる母と、
飛行機を降りたら暑くて驚く5歳娘。

八重山に来たら、
とりあえずビール、じゃない。
とりあえずそば、だ。

でも、子連れって動きにくい・・・
「暑い、ママ、抱っこ!」ってすぐ言う・・・

これが6年前と違うところだな。
行きたいところに、ぱっと行けない。

ごまかしごまかし「あやぱにモール」まで行って、
「真仁屋」という、おばあがやっているそば屋に行く。

子どもと歩いて行ける距離で、
島を感じられそうな店って言ったら、ここしか思いつかなかった。

あー、これこれ。
懐かしい、てーげーな空気。
(てーげーって、ゆるい、いいかげんという感じの意味)

人見知りの娘も、自然とくつろぐ。
で、そばを食べる。
そうそう、この量。麺が多くて具が少ないんだよねー(笑)
食堂にある、お手製のこーれーぐーすーが好き。




でも、あー、そうだった。
ここの店は丸麺だった。

島から長いこと離れすぎていて、店によって使う麺が違うことを忘れていた。
丸麺もおいしいけど、
働いていた食堂が平麺だったから、平麺がわたしにとっての、ふるさとの味だな。
よし、その感動は西表までとっておこう。


おばあとゆんたくして、店を出る。
(ゆんたくは、おしゃべりという意味)
おいしかったー。

次に「中村ざっか」に向かう。
アジアン系のかわいい服や雑貨を売っているお店。

手書きの「まみぞう新聞」を書いて、お店に置かせてもらったこともある。
6年前に島を出る頃、小さい赤ちゃんがいたんだよなー。

と寄ってみると、覚えていてくれた!
今は2店舗目を、徒歩3分の公設市場の2階にも出店していて、
2人目のお子さんも生まれて、
ご夫婦交代であっち行ったりこっち行ったりしているみたいだ。

「子どもがいるのー!?しかも大きい!!」
と喜んでくれた。

西表の人に
「娘が生まれました。こんなに大きくなりました」
と会わせたくてたまらなかったけど、
こうして石垣にも、喜んでくれる人がいる。

わたし、この辺に確かに住んでいたんだなあ。
しみじみ。

さて。
あと八重山に来たら食べずにいられないものと言ったら。
「ぜんざい」

ぜんざいと言っても、熱々のお汁粉ではない。
むしろ冷たい。
だって、かき氷だから。

かき氷のお汁粉。
もう、ぜんざいがたまらなく好きで、いろんなお店のぜんざいを食べたなあ。

そしてまた、そばと同じく。
子連れで歩いていける距離で、ぜんざいと言ったら、ここしか思いつかなかった。
「ゆうくぬみ」

わたしはぜんざい。
娘はグアバジュース。




「半分ずつにしよう」と言うのは親のわたしで、
「いらない。自分で食べて」と言うのは娘。

娘、初めてのグアバジュースに感激していた。
そうだよ。
南国のフルーツはおいしいんだよ。

ああおいしかった。
そばとぜんざい食べたら、とりあえず八重山に来たら食べたいものオッケー!

さあ、西表にようやく向かうぞ。
おー!

カテゴリー: 2011年3月, まみぞう日記2011   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">