72 まみぞうの石垣観光。


先週一週間、我が母と祖母が来島したのだが。
我ながら、素晴らしい旅をプレゼントできたなあ、と思う。

まず初日。
西表島に上陸する、その前に。

石垣島ツアー。
まみぞう的に外せないポイントをまわった。

まず。
米原のヤエヤマヤシ群落入口にある「ぱぱ屋」の生ジュース。

もちろんヤエヤマヤシもいいんだけど。
ここは何より「生ジュース」

「パイン+サトウキビ」とか
「パパイヤ+サトウキビ」とか。
甘味をつけるのに、砂糖をつかわず、
その場でサトウキビを絞ってくれるんだな。

これが旨い。

もと同業者(由布島というところで、2年もジュースを作り続けたわたし)として、
唸っちゃうね。
なかなか真似できるもんじゃありません。
オススメ。

次に。
石垣最北端、平久保崎からの眺め。

何を隠そう「まみぞう日記」のトップ写真もここで撮ったもの。
(西表じゃないってのが微妙な話で)

ここでは、灯台じゃなくて、海に向かって右の岬を登ると絶景。
海が青色だけで虹色を作り、とにかく地球がまーるいまーるい。
心がどこかに飛んでいっちゃう空間。

そして。
夜は「民宿白保」にお泊り。

椎名誠さんが「うみそらさんごのいいつたえ」という映画を撮ったときに、
撮影クルーが合宿した宿なんだけど。

そういうのを抜きにして、大好き。

ご主人が海人(うみんちゅ)で、夕飯には必ず、
その日におじさんが捕ってきた獲物が並ぶ。

ちなみに過去3回泊ったうち、2回もイセエビが当たった!(幸せ)

でも、イセエビがなくても充分すぎる程に豪華。
食べきれない。

イセエビを丸ごと茹でたもの。
魚の刺身。
ゴーヤ-チャンプルー。
肉(ステーキ?)。
アーサ汁
海草の酢の物。
ごはんおかわり自由。
じーまーみ豆腐。
シークワーサーゼリー。

ね、すごいでしょ。
大食いのわたしが、酢の物とゼリーを残しちゃいました。
でも母は完食、さすが。

おじさんもおばさんもいい味出してるし、
民宿白保、大好き。
わたしの中の民宿ランキング第一位。

それに「白保」ていう部落がいい。
すぐ近くに、世界に誇るサンゴ礁があって。
生活感あふれる、ゆるーりとした空気の流れる、まったりした部落。
普段はゆるーりしてるのに、豊年祭やお盆の獅子舞などでは、
ぴんと一本筋が入る。
かっこいい。そして楽しい。

最近、白保のおじいおばあ楽団「白百合クラブ」が
ドキュメント映画になったらしい。
(しかも「ナビィの恋」の中江監督で。)
すっごく見たいけどなー、見られるかなあ。

あー、話がいっぱい脱線したなあ。

とにかく、
「米原のジュース」
「平久保の景色」
「白保でまったり」

これに「石垣空港のソフトクリーム」が加われば、
石垣観光は完璧ってことです。

(ちなみに、こうは言いながらも、旅の楽しさは十人十色。
これはあくまでも、わたしの主観。誰もにオススメする訳ではありませぬ)

72

5月29日


カテゴリー: 2003年5月, 西表日記2003   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">